患者さんへ診察内容/
専門分野

炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)
の診断と治療

炎症性腸疾患とは

炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease:IBD)とは、原因不明の主として消化管に炎症をおこす慢性疾患の総称です。潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis: UC)とクローン病(Crohn’s disease: CD)の2大疾患からなります。いまだに根治療法は存在しておらず、再燃(症状が見られる状態)と寛解(症状が落ち着いている状態)を繰り返す難治性疾患です。両疾患とも稀少な疾患とされていたため特定疾患に指定されていますが、患者数は増加の一途をたどり平成25年度の厚生労働省特定疾患医療受給者証所持者数はUCで155,116人、CDで38,271人となっております。

潰瘍性大腸炎(UC)とは

UCは、主に大腸に炎症を起こして、びらんや潰瘍を形成する病気です。病変部位(病気が起こる場所)は直腸から始まり、大腸全体にまで広がることがあります。症状としては粘液便、血便、下痢や腹痛などがあります。

クローン病(CD)とは

CDは、口腔から肛門までの消化管に炎症を起こして、びらんや潰瘍を形成する病気です。病変部位は口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位ですが、小腸や大腸が好発部位(病気が起こりやすい場所)です。症状として腹痛、下痢、血便、発熱、肛門病変などがありますが、その他にも消化管以外に合併症を伴うこともあります。

前述したように、UC・CD両疾患共に原因が不明であるため根治療法は存在しておらず、治療としては炎症のコントロールを行い、寛解の導入と維持をすることとなります。内科的治療としては、アミノサリチル酸塩剤、ステロイド薬、免疫調節薬、遺伝子組み換え製剤、血球成分除去療法、食事療法などと多岐に渡ります。これらの方法を上手く組み合わせ、病気の重症度や罹患範囲(病変の認める範囲)を考慮して治療を行っていきます。

患者さんへ

当科では、IBDの患者さんも非常に多く受診されており、経験豊富な医師も多く在籍しております。IBDではないかと考えられている方や、病状のコントロールが上手くいっていない方、当科での治療を希望される方がおられましたら、当科外来へご相談ください。

※お電話やメールのみによるご相談は
お受けしておりませんので予めご了承ください

▲ ページトップへ
links