患者さんへ|診察内容/専門分野

患者さんへ|

診察内容/
専門分野

感染性腸炎の診断と治療

原因

細  菌: サルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌など

ウイルス: ノロウイルス、ロタウイルス(小児)など

寄生虫: 赤痢アメーバ、ランブル鞭毛虫、クリプトスポリジウムなど

感染源としては、病原体により様々です。鶏肉、鶏卵、牛肉、未殺菌乳、魚介類、その他イヌ、ミドリガメなどのペットが感染源となることもあります。
ノロウイルスは、近年では冬期の食中毒の原因として最も多い病原体で、生牡蠣からの感染によるとされてきましたが、最近では便や吐物からのヒトからヒトへの二次感染が問題になっています。寄生虫に関しては性交渉で感染する場合もあります。

症状

原因となる病原体、あるいは感染様式、感染菌量、宿主の状態により異なりますが、発熱、下痢、悪心、嘔吐、腹痛などが見られます。
発熱が先行し、嘔吐、下痢など腹部症状が遅れて出現することもあります。

検査と診断

発熱を伴った下痢、腹痛、吐き気・嘔吐があれば、感染性腸炎が疑われます。食中毒では、食事内容とその時期や渡航歴を詳しく聞くことで、病原体を推定することもできます。
血液検査では、細菌感染症は炎症反応(赤沈、CRP)と白血球数の増加がみられますが、ウイルス性ではこれらは正常か軽度の上昇にとどまります。
糞便の肉眼観察、顕微鏡による観察は、膿球(白血球)、カンピロバクタ、寄生虫などの確認に有用です。糞便の細菌培養、ウイルス分離、便中抗原検出などが病原体診断のために行います。血便を伴う症例や下痢が長く続く場合を除いて、内視鏡検査は必要ありません。

治療

基本的には自然治癒傾向が強いため、対症療法が中心となります。細菌性、あるいは寄生虫によるものでは病原体特異的な治療を行う必要があります。

対処療法

感染性腸炎では、下痢、嘔吐、発熱のため脱水状態となるので、その程度に応じて経口あるいは経静脈的に水分、電解質、ブドウ糖を補給します。補給にはお茶や水よりも電解質を含んだスポーツドリンクが有用です。 嘔吐に対しては制吐薬を使用します。
強い止痢薬(下痢止め)の投与は、病原体の排除を遅らせるため使用すべきではありません。乳酸菌、ビフィズス菌などからなる生菌製剤は、腸内細菌叢(そう)の回復を促進する効果が期待できるため積極的に用います。
食事に関しては刺激が少なく消化のよいものであれば食事はとってかまいません。腹痛が強い場合や血便を伴う場合は、腸の安静のために絶食が必要です。

抗菌薬療法

抗菌薬の投与が必要な場合は、(1)症状が重篤な場合、(2)乳幼児や高齢者、易(い)感染宿主などの免疫が低下している場合、(3)二次感染のリスクの高い細菌感染といった場合に限られます。
しかし、病原体が特定するまでに時間がかかることがあるため、問診からある程度病原体を推定し、必要であれば抗菌薬を投与する事もあります。

予防

種々の病原体に対する特異的な予防方法はなく、食中毒の一般的な予防方法を励行することと、ウイルス性のものに対しては、流行期の手洗いと患者との濃厚な接触を避けることです。いずれの病原体においても院内、家庭内、あるいは集団内での二次感染の防止策を考慮することが重要となります。

感染性腸炎かなと思ったら

下痢、嘔吐、発熱があったら、感染性腸炎が疑われます。まず、脱水を防ぐことが大切ですので経口摂取が可能であれば、まずスポーツドリンクなどで水分と電解質を補給しましょう。嘔吐が激しい場合や脱水でぐったりしている時は点滴が必要ですので、すみやかに医療機関を受診しましょう。
また、血便がある時、食中毒が疑われる時も同様に受診してください。

※お電話やメールのみによるご相談は
お受けしておりませんので予めご了承ください

▲ ページトップへ
links