患者さんへ診察内容/
専門分野

早期大腸がんに対する内視鏡的治療

内視鏡的粘膜切除術(EMR)|
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

拡大観察、画像強調観察(NBI)を用いて適応を判断した上、大腸腫瘍(大腸ポリープ、早期大腸がん)の内視鏡治療を行っています。大腸がんでも早期のがん(大腸粘膜にとどまるがん、または粘膜の下の層(粘膜下層)の浅い部分までにとどまるがん)であれば、内視鏡治療が選択されます。
内視鏡治療にはいくつかの種類があり、腫瘍の大きさや形によって適切なものを選択します。茎を持っている隆起しているような腫瘍(隆起型)の場合は、スネアと呼ばれる金属製の輪を腫瘍の根元にかけ、高周波電流を流して焼き切るポリペクトミーが用いられます。平たい腫瘍(表面型)に対しては、粘膜下層に生理食塩水などを注入し、腫瘍を持ちあげてからスネアをかけて切除する内視鏡的粘膜切除術(EMR)を用います。2cm以上の大きな腫瘍や、粘膜下層が硬くなり(線維化)、ポリペクトミーやEMRでは切除が難しい症例に対しては、内視鏡用の電気メスを使って粘膜下層を剥離して腫瘍を切除する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を用います。
ESDにより、今まで外科的切除となっていた大きな腫瘍も内視鏡でひと固まり(一括)で摘除可能となりました。大腸ESDは2012年4月に先進医療から保険適応になったばかりの最先端の内視鏡治療法の一つで、厚生労働省より施設基準が示されており、まだ施行できる施設は限られています。
当科は先進医療の時代より大腸ESDを導入しており、施設基準をみたした認定施設であり、安全、確実に施行しています。

入院から退院に向けて

当院における早期大腸がんの治療で入院される場合、基本的にクリニカルパスを導入し対応しています。共通のパス表に基づき、医師だけでなくすべての医療従事者がチームとなって治療、看護及びケアにあたることで質の高い医療を患者さんに提供するよう心がけています。
また入院から退院までのタイムスケジュールを入院時にご説明することで患者さんやご家族は治療内容や経過をより明確に把握することができます。

患者さんへ

当科では早期がんに対する内視鏡治療を診療の柱の一つとして積極的に施行しています。がんの疑いを指摘された患者さんはどのような治療をすべきか大変不安な思いをされることと思います。
当科ではそのような患者さんおひとりおひとりにとって最善の医療を提供出来るよう努めており、セカンドオピニオンも積極的に導入しております。内視鏡治療を受けられるかどうか分からない場合でもお気軽にご相談下さい。

※お電話やメールのみによるご相談は
お受けしておりませんので予めご了承ください

▲ ページトップへ
links